天井裏にいるネズミの足音で、夜眠れません。どうしたらいいですか?埼玉県 S.W様

夜、寝ようとすると(いつも23時くらいです)、ネズミの足音がして眠れません。

「ドドドドドッ」「タタタタタッ」と走る音のせいで、怖いし、気持ち悪いし、睡眠不足になっています…。

たまに、壁の中を伝って、私の寝ている部屋まで下りてくる気配がして、本当にゾッとします。
どうしたらいいでしょうか?

ネズミのエサになる食物は密閉保存。ワナをしかけて、侵入口をふさぎましょう。

ネズミにとって天井は快適。天井から足音が聞こえるなら、フンまみれになる前に1日でも早く駆除しましょう。。

こんにちは。
みんなのネズミ駆除屋さんの、中村です。

「屋根裏からネズミの音がして、眠れない!」
「天井のネズミの足音が怖くて、精神的に辛い」

このように「ネズミの足音」に悩まされている方はとても多く、私たちのもとにもよく相談がよせられます。

では、なぜネズミの足音が天井から聞こえてくることが多いのでしょうか?

天井・屋根裏は、敵に襲われにくく、子育てもしやすいので、ネズミが住みつきやすい場所なんです。なかでも、高い場所に昇るのが得意なクマネズミが多く、屋根裏に巣を作ることもよくあります。

ネズミが天井に住みつくと、フンや尿で家のなかが汚れるので、衛生的にもよくありません。しかもネズミはすぐに繁殖するので、子どもが生まれると、まさに「大運動会」状態に…。

ネズミの足音が聞こえたら、被害が大きくなる前に、1日でも早く退治することが大切です!

これから、ネズミが天井に住みついた場合の、カンタンにできる対策をお話していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ネズミのエサが無い家に

ネズミは、エサのない家からは出ていきます。
家の中にある食料はすべて、ネズミにかじられないように密封したり、ネズミの手の届かない場所に保管します。

侵入口をすべてふさぐ

あらゆるスキマから家のなかに侵入してくるネズミ。
床下、通気口、配管まわりなど、ネズミが通り抜けできるスキマはたくさんあります。
そのすべてを把握してふさぐのは、根気と技術のいる作業。
しかし、侵入口をしっかりふさがなければ、ネズミは何回でもあなたの家に入ってきます。

侵入口の場所やふさぎ方については、こちらのページも参考にしてみてください。

天井・屋根裏にワナをしかける

足音がする天井や屋根裏に入り、粘着テープなどのワナを仕掛けます。
この時、毒エサ・殺鼠剤は使わないでください!

もし毒エサが効いた場合、ネズミの死体がみつかればいいのですが、やっかいなことに「どこで死んだかわからない」というケースがよくあるんです。
もし、家の中の、人の目の届かない場所でネズミが死んだら、死体が腐ってヒドイことになってしまいますよね。
だから、毒エサは使わないことをオススメします。

罠を仕掛けたら、少なくとも1日1回はチェックしましょう。
面倒ですが、ワナにかかったネズミを放っておくと、他のネズミが警戒して、捕まえることが難しくなります。
衛生的にも、早めの処理を心がけましょう。

それでも足音が続く場合は…

侵入口はふさいだ、食料もしっかり保管した、ワナもしかけた…。

それでもネズミの足音が消えないとこも多いと思います。
天井や屋根裏に入れない家もありますよね。

そんな時は、ネズミ駆除の専門家に相談してみるといいかもしれません。
相談や調査は無料ですから、気軽に聞いてみてもいいでしょう。

ネズミは、放っておくとすぐに被害が大きくなります。
ぜひ、早めに対策をしてくださいね。