みんなのネズミ駆除屋さん

駆除グッズで駆除できなかった方から多数お電話をいただきます

プロが伝授するネズミ駆除! 屋根裏・台所など場所ごとに解説

ツイッターボタン フェイスブックボタン
ネズミ駆除の専門家が丁寧に教えます!
3なしと状況にあったグッズで最短最速でネズミ駆除

「家のネズミをすぐに駆除したい…!でも、どうすればいいんだろう?」
「安く、カンタンに駆除する方法ってないの?」

こんにちは!みんなのネズミ駆除屋さんのナカムラです。
この記事では「ネズミをカンタンに駆除する方法」についてくわしく紹介していきます!

ネズミの駆除方法ですが、ネズミが出ている場所によってベストは方法が変わります。

この記事では

①屋根裏にネズミがいる
②台所にネズミがいる
③床下にネズミがいる
④物置にネズミがいる

という4つの状況に分けて、駆除方法を詳しく紹介していきます。

ネズミは小さな動物ですが、その被害はとても大きいものです。
大量にフンをされたり、走り回る音が気になって眠れなかったり、なんだか変な匂いがしたり…。あなたも相当なストレスを感じているはずです。

でも早めに正しく対処すれば、ネズミは駆除できるので安心してください。
いっしょにネズミ駆除に必要な知識を身につけ、ネズミの悩みのない元の生活を取り戻りましょう。


わたしたちみんなのネズミ駆除屋さん調査・見積り完全無料のネズミ駆除業者です。
「とにかく早くなんとかしてほしい!」という場合はコチラからご相談ください。

ネズミ駆除の基本「3なしを徹底」

3なしを徹底!

ネズミ駆除をするとき、まず行なっていただきたいのが「家を『3なし』の状況にする」ということ。

3なしとは

  • エサなし
  • ねぐらなし
  • 道なし

のことで、これはネズミの駆除や予防の基本になっています。

3なしができていると、ネズミ駆除グッズの効果が高まり、最短最速でネズミ駆除を終わらせることが可能です。これから説明することをしっかり行ない、『3なし』を作っていきましょう。

①エサなし:食べ物をしまいましょう

えさなし

まずはネズミが家に入り込むいちばんの理由、「食べ物」を撤去しましょう。

食料品はすべて、フタ付きの容器に入れてください。
100円ショップなどで買えるプラスチックケースがオススメです。

野菜や果物以外の食品も要注意。
ネズミは噛む力が強く、薄いビニール・紙のパッケージなどは簡単に食い破られてしまいます

「袋に入っているし、大丈夫でしょう」なんて思わずに、しっかり管理しましょう。

食料品のほかには、

  • 生ゴミ
  • 食べカス
  • 食器についたソースや食品
  • ペットフード
  • 仏壇のお供え物
  • 花や植物

などもネズミの食料となります。
すぐに撤去するか、食べられないようきちんと管理しておいてください。

ネズミはとても飢えに弱く、1〜3日ほどエサにありつけないと餓死してしまうほどです。
エサを食べていないと運動能力や警戒心も弱まるので、元気なネズミに比べて駆除グッズに引っかかりやすくなります。このあとの駆除をスムーズに終わらせるためにも、しっかり撤去・管理しておきましょう。

②ねぐらなし:ゴミを捨てましょう

ねぐらなし 

家を掃除し、巣の材料にされそうなものは全て撤去しましょう。
ネズミはなんでも巣に使いますが、人家にある巣の場合は、下記のものが使われることが多いです。

  • ダンボール
  • 新聞紙
  • ティッシュ
  • 服やタオルなど、布類
  • 布団の綿(食い破って使います)
  • ビニール袋

どれもそれなりに保温性のある、暖かいものですよね。

ネズミは繁殖のために、できるだけ暖かい巣を作ろうとします。もし放置してしまっている紙きれや布きれ、ビニール袋があれば撤去しておきましょう。

③道なし:侵入経路を塞ぎましょう

道なし

ネズミの侵入口となっている穴や、通り道になっている穴をふさぎましょう。

ネズミの侵入口として、疑うべきは以下のような場所です。ひとつずつ確認していきましょう!

家の侵入口

このとき、「ラットサイン」があるかどうかも注意してみましょう。

ポイント
ラットサインはネズミの活動場所のサイン

ラットサインは名前のとおり”ここにネズミがいる・活動している”というサイン

代表的なものは

  • 壁についたネズミの汚れ
  • フン
  • 足跡
  • かじり跡

です。
ラットサインがある場所はネズミの活動場所や行動経路になっており、駆除する上での重要なヒントになります。

もし「ここから入られているんじゃないかな…」という場所があれば、小麦粉や片栗粉など粉をまいておくと足跡がつくので分かりやすくなります。ぜひ試してみてください。

物が多すぎて片付けが困難、侵入経路も見つけられない場合

自力駆除は難しいかも

「物が多くて、片付けが難しい」
「侵入経路が見つけられない」

もし上記のような場合は、ご自身で完全にネズミを駆除するのは難しいかもしれません。
いちど試していただき、「自分では無理だ…」という場合はぜひ私達にご相談ください。

ネズミの生態調査を行い、適切な駆除策をご提案いたします。

詳しくはこちら

屋根裏のネズミを駆除する方法

屋根裏のネズミを駆除する流れは以下です。

1)屋根裏の状況確認と駆除方法の検討
2)駆除の実施
3)清掃の実施
4)侵入口の封鎖

具体的な方法を説明します。

1)屋根裏の状況を確認する

屋根裏の確認

フンや巣の有無で、対策方法が変わります。
具体的には以下です。

■ フンや巣があった場合

①3なしの徹底
②粘着テープとくん煙剤を使用
③フンと巣の清掃
④侵入経路の封鎖

フンや巣が見つかった場合は、住み着いていると考えられます。まずは粘着テープとくん煙剤で、確実にネズミを捕獲しましょう。その後、清掃・侵入経路の封鎖を行い、完了という流れです。

■ フンや巣が見つからなかった場合

①3なしの徹底
②くん煙剤を使用
③侵入経路の封鎖

フンや巣が見つからなかった場合、通り道として利用されている可能性が高いです。くん煙剤を使ってネズミが数日入らないようにし、侵入経路を塞ぎ、完了です。

■ そもそも屋根裏を確認できない場合

屋根裏を確認できない場合、残念ながらご自分で退治するのは難しいです。屋根裏への入り口がない場合は天井に点検口を開け、屋根裏への入り口を作った後に、駆除を実施するからです。

もしこのような場合は、作業に慣れたネズミ駆除業者に依頼するのがよいでしょう。私達もお手伝いできますので、お困りであれば気軽にご相談ください。

詳しくはこちら

2)屋根裏のネズミ駆除を実施します

ステップ1 えさなし・ゴミなしを徹底

家の中に食べ物があると、ネズミがそれを持ち帰って、エサにしてしまいます。

先に説明した「ネズミ駆除の基本」を実施しましょう。

ステップ2 粘着シートを設置
粘着シートを設置

ポイントは

  • ラットサインがあった場所に設置する
  • 敷き詰めるように設置する
  • この時、フンや巣は掃除しない

です。

ネズミは警戒心の強い生き物ですので、必ず壁側などを歩きます。ネズミの通り道になるであろう場所に、敷き詰めるように設置するようにしましょう。

屋根裏でのオススメの粘着シートは以下です。

おすすめポイント
  • 他の商品に比べて粘着力が抜群に強い
  • 黒色なので夜に目立ちにくい
  • 丈夫で耐久性がある
  • Uの字やL字に折り曲げやすい
Amazonで購入する
ステップ3 くん煙剤を使用する
くん煙剤

ポイントは

  • 19時〜20時前後に使う
  • 屋根裏の中央付近で使用する
  • 窓をしっかり閉めておく

です。

ネズミは夜行性なので、行動を始めるタイミングで使用するとより効果的です。くん煙剤の煙はよく広がるので、中央付近に設置するようにしましょう。

使用するときは、煙が生活スペースに入らないよう窓をしっかり閉めておいてください。

アース製薬 ネズミ一発退場 10g
¥721(2021年3月現在)
おすすめポイント
  • 水が付属しているので準備しなくて良い
  • 匂いの持続性がある
  • ネズミの忌避効果が高いとされる
  • 「ハッカ」が主成分
Amazonで購入する
ステップ4 2周間ほど経過観察する
ネズミをチェック

設置から2週間ほどは、最低でも1日1回、シートにネズミがかかっていないか確認しましょう。

もしかかっていた場合は必ずシートを取り除いてください。そのまま放置すると腐敗し、衛生環境が悪化してしまいます。

全く引っかかっていない場合も、2週間ほどはそのまま様子を見るようにしてください。

ネズミの気配を感じなったら、糞や巣を掃除しましょう。

ステップ4 フンや巣を掃除
手袋をつけて

掃除するときは必ず、手袋などの防具を付けて掃除してください。

ネズミは

  • サルモネラ菌
  • ハンタウイルス
  • イエダニ

などの様々な病原菌を媒介する生き物です。絶対に素手で触らないようにしてください。

ステップ5 侵入口の封鎖
屋根裏の侵入口

屋根裏の侵入経路として怪しいのは上の図の場所です。
1つずつ確認し、穴を塞ぎましょう。

こちらは先に紹介した『侵入口の封鎖』も参考にしてみてください。

おすすめポイント
  • ネズミが嫌う唐辛子の辛味成分を含んでいる
  • 燃えにくい
使うと良い場所
  • 配線周り
  • 配管まわり
Amazonで購入する
おすすめポイント
  • 丈夫で、通気性も確保できる
  • 扱いやすい
使うと良い場所
  • 大きい隙間
  • 通気性を確保したいすき間
  • 配管まわりの隙間
Amazonで購入する
シマダ商事 防そパテ
¥580(2021年3月現在)
おすすめポイント
  • ネズミが嫌う唐辛子の辛味成分を含んでいる
  • 燃えにくい
使うと良い場所
  • 配線周り
  • 配管まわり
Amazonで購入する

台所のネズミを駆除する方法

台所のネズミを駆除する流れは以下です。

1)状況確認と駆除方法の検討
2)3なしを徹底し、殺鼠剤と粘着シートで駆除

具体的な方法を説明します。

1)台所の状況を確認する

台所の状況確認

台所に何度現れているかで、対策方法が変わります。
具体的には以下です。

■ 台所に現れたのは一度だけ

一度現れただけの場合は、「たまたま入りこんだ」可能性が高いです。まずは「3なし」を徹底し、様子を見てみましょう。

■ 何度も現れている場合

①3なしの徹底
②エサの設置
③エサを殺鼠剤と交換
④粘着シートを設置
⑤点検

何度も現れている場合、ネズミにエサ場として学習されています。
殺鼠剤と粘着シートを使ってネズミを駆除していきましょう。

2)台所のネズミ駆除を実施します

ステップ1 3なしを徹底

殺鼠剤にしっかり誘導して食べさせるため、エサや生ごみを片付けます。

また、台所への侵入口があれば塞いでおきましょう。下図のポイントをチェックしてください。

室内への侵入口
ステップ2 エサを設置する

ネズミを見た場所や、食品を食べられたりした場所に、エサを設置します。

あえて普通のエサを食べさせるのは、ネズミの警戒心を解くためです。

「このエサは食べても大丈夫なエサだ」と思わせることで、殺鼠剤もすんなり食べてくれるようになります。

エサは

  • 魚肉ソーセージ
  • 唐揚げ

などがオススメです。5mm〜1cmくらいの大きさにカットして置いておきましょう。

ステップ3 エサを殺鼠剤と交換し、粘着シートを設置

2〜3日エサを食べさせたら、エサを殺鼠剤に交換します。

このタイミングで、粘着シートも設置しておきましょう。殺鼠剤はネズミの警戒心や運動能力を弱めるので、粘着シートに引っかかりやすくなります。

以下の図のように、家具の隙間や壁際に設置するようにしましょう。

台所のシート設置

殺鼠剤と粘着シートは、下記商品がオススメです。

おすすめポイント
  • スーパーラットにも効く
  • トレイ型なので使いやすい
  • 「蓄積毒」なので、比較的安全
Amazonで購入する
ステップ4 点検する

殺鼠剤を食べた様子があれば、シートの見回りと力尽きたネズミの回収も忘れないようにしてましょう。

また、日常的に現れているということは、近くに巣がある可能性も高いです。
屋根裏や床下の見回りは必ず行ってください。巣が隣家などにある場合もあるので、自宅に入られないよう、家全体を見回りしておくとなお安心です。

床下のネズミを駆除する方法

床下のネズミを駆除する流れは以下です。

1)状況確認と駆除方法の検討
2)3なしを徹底し、くん煙剤と粘着シートで駆除

具体的な方法を説明します。

1)床下の状況を確認する

床下

床下に何度現れているかで、対策方法が変わります。
具体的には以下です。

■ 一度だけ

「たまたま入り込んだ」と考えられます。
「3なし」の徹底と、くん煙剤の使用で十分追い払えます。念のため、床下を点検しておくと安心です。

■ 何度も現れている場合

①点検口から床下に入り、粘着シートを設置する
②床下でくん煙剤をたく
③翌日にシートを点検して回収する
④巣(あれば)を撤去する
⑤侵入口をふさぐ

「巣を作り、住み着いている可能性が高い」という状況です。
粘着シートと、くん煙剤を使って駆除していきましょう。

2)床下のネズミ駆除を実施します

床下のネズミ駆除は

①点検口から床下に入り、粘着シートを設置する
②床下でくん煙剤をたく
③翌日にシートを点検して回収する
④巣(あれば)を撤去する
⑤侵入口をふさぐ

のステップ。

やり方は上で紹介した屋根裏のネズミ駆除と一緒なので、そちらをご参考いただければと思います。

>>屋根裏のネズミを駆除する方法

  • 床下での粘着シート設置のポイント
  • 床下の侵入経路封鎖のポイント

の2点を、こちらで紹介しておきます。

床下での粘着シート設置のポイント
床下のシート設置
  • 壁際
  • 軸石や木材の近く
  • 侵入口の近く

床下では、上記の場所に粘着シートを設置しましょう。

ネズミは基本的に、身を守りやすい場所を好んで行動します。床下だと壁際や、軸石・木材の近くがそれにあたり、この近くに設置するとよいでしょう。

また、侵入口の近くも絶好の設置ポイントです。床下の侵入口については、下で詳しく説明します。

床下の侵入経路封鎖のポイント
床下の侵入口

床下の侵入口は

  • 床下の通風口
  • 床下に掘られた穴

のうちのどれかであることが多いです。

しっかりチェックして塞ぎましょう。

物置のネズミを駆除する方法

物置のネズミを駆除する流れは以下です。

1)状況確認と駆除方法の検討
2)3なしを徹底し、くん煙剤と粘着シートで駆除

具体的な方法を説明します。

1)床下の状況を確認する

物置の状況確認

物置にネズミの糞や巣があるかで対策方法が変わります。
具体的には以下です。

■ フンはあるが匂いがない

「前にネズミがいたが、今はいない」という状況です。物音、ニオイ、新しいフンがなければ、今はいない可能性が高いです。

3なしを徹底した上で、念のためくん煙剤を使用しましょう。

■ フンがあり、匂いもある

①3なしを徹底する
②荷物にビニールをかぶせる
③粘着シートを設置する
④物置でくん煙剤をたく
⑤出入り口を少しだけ開けておく(5cmくらい)

「物置の中に今もネズミがいて、ねぐらにされている」という状況です。

粘着シートとくん煙剤を使い、ネズミを駆除しましょう。

2)物置のネズミ駆除を実施します

ステップ1 3なしを徹底

・物置に置いてある食品
・巣の材料になりそうな紙くず、布切れ

を撤去します。

また、物置の外周や通気口を点検し、侵入口にされていそうな穴や隙間があれば塞いでおきましょう。

ステップ2 荷物にビニールをかぶせる

くん煙剤の煙が荷物に入り込まないよう、ビニールをかけておきます。

特に、電化製品を置いている場合は要注意です。

ステップ3 粘着シートを設置する

物置の粘着シート設置のポイントは

  • 荷物の隙間に設置する
  • ネズミの足跡やフンの近くに設置する

です。

ネズミは警戒心の強い生き物なので、壁側や隙間を好んで通ります。シートをUの字やL字に折り曲げ、設置してください。

粘着シートは下記商品がオススメです。

おすすめポイント
  • 他の商品に比べて粘着力が抜群に強い
  • 黒色なので夜に目立ちにくい
  • 丈夫で耐久性がある
  • Uの字やL字に折り曲げやすい
Amazonで購入する
ステップ4 くん煙剤を使用する
くん煙剤

ポイントは

  • 19時〜20時前後に使う
  • 物置の中央付近で使用する
  • 窓をしっかり閉めておく

です。

ネズミは夜行性なので、行動を始めるタイミングで使用するとより効果的です。くん煙剤の煙はよく広がるので、中央付近に設置するようにしましょう。

物置と家が近距離にある場合は、煙が家に生活スペースに入らないよう窓をしっかり閉めておいてください。

くん煙剤は下記商品がオススメです。

アース製薬 ネズミ一発退場 10g
¥721(2021年3月現在)
おすすめポイント
  • 水が付属しているので準備しなくて良い
  • 匂いの持続性がある
  • ネズミの忌避効果が高いとされる
  • 「ハッカ」が主成分
Amazonで購入する
ステップ5 出入り口を5cmほど開けておく

くん煙剤の使用中、物置の出入り口を5cmほど開けておきましょう。

これでネズミが外に出て行きやすくなります。

駆除後は「ダニの駆除」も忘れずに

ネズミを駆除した必ずしていただきたいのが「ネズミが持ち込んだダニの駆除」です。

ダニまでしっかり駆除しないと、家でダニが繁殖して二次被害につながってしまいます。ダニは小さくて見えないので、ある意味ネズミよりもやっかいです。早めに駆除しておきましょう。

ダニの駆除は、ダニ用のバルサンなどを使うと効果的です(人によってはアレルギー症状などが出るので注意してください)。

ここまでやってはじめて「本当の駆除」です!
どうか面倒くさがらず、しっかり行なってくださいね。

「ネズミの駆除だけでも不安なのに、ダニの駆除までやり切れるか不安…」という場合は、ぜひこちらからご相談ください

ネズミ駆除のプロが、最後までしっかり対応いたします。

その他のネズミ駆除方法4つ

ここからは、上で紹介したグッズ以外の方法についてお話していきます。

紹介するのは

①超音波
②猫などネズミの天敵
③ネズミ捕獲器
④ネズミ駆除業者

以上4つのグッズや方法です。
これらの方法が気になっている方もいらっしゃるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。 

①超音波:カンタンにネズミを追い出したいならこれ。ただし効果は保証できず

超音波

「置いたらいなくなったけど、1週間後にまた出てきた」

実は超音波でいちばん多い相談がコレです。
つまり、最初は効くものの、そのうちネズミが超音波に慣れてしまうんです。

例えば人間も、最初は大声で注意されると、ビックリして「怖い…!」と思いますよね。
でもその大声が毎日続く環境にいれば、1週間もすると「ああ、またか」と慣れるのではないでしょうか。

また、超音波は、遠ざかるほど弱くなるのはもちろん、「陰の部分」「反射した場合」では弱くなります。距離や角度を計算し、戦略的にしかける必要があるのです。
しかし、ネズミが超音波に慣れてしまえば、その努力もすべて水の泡になってしまいます。

また私の経験上、「コンセントにさして1台設置すればOK」「周波数が変わる商品であれば効く」ということはありません。ネズミの味方をするつもりはありませんが、これはネズミを甘く見すぎです…。

ちなみに過去には「効果がない」として公正取引委員会から排除命令が出された商品があります。いまでも類似商品が出回っていますので、商品選びは十分にご注意ください。

超音波もオススメ商品を紹介したいところなのですが、科学的根拠が示された論文などがないのと、市販の商品で効果がありそうなものが見当たりませんでした。
自信を持ってオススメすることができないため、紹介することができません…。期待されていた方はスイマセン!

超音波の駆除グッズについては、下記の記事でも詳しく紹介しています。
もっと詳しく知りたい方は、ぜひご覧になってみてください。

【関連記事】
超音波でネズミを駆除をするものがありますが、実際のところどうなのでしょうか?

②猫などのネズミの天敵:効率が悪く、飼育コストもかかる

猫などの天敵

恵まれた環境で飼育されている現代の猫は、ネズミを捕獲する能力が弱くなっています

とはいえ、ネズミは猫を天敵と認識していて、猫の鳴き声や匂いを怖がります。少なからずネズミを予防する働きが期待できるでしょう。

ただし、ネズミはとても賢い動物です。
「この猫は襲ってこないし、大丈夫そうだな」と学習されれば、いずれその猫を怖がらなくなるはずです…。
実際、ネズミ駆除のご依頼をいただき、お宅に伺ったら猫を飼われていた、ということもよくあります。

ネズミを口に入れることで猫が病気になってしまうリスクもあるので、ネズミ駆除を目的に猫を飼い始めるのはやめておいた方がいいでしょう。

猫の他にはイタチ、フクロウやタカなどの大型の鳥も天敵として知られています。
これらをペットとして飼うのは、なかなかハードルが高いです。

③ネズミ捕獲器:効率が悪く、ネズミの死体を処理する必要あり

捕獲器には大きく2種類あります。

  • 板の上のエサをネズミがかじると、バネで頭部を挟む仕組みのバネ式
  • ネズミを箱やカゴの中に誘い出して捕獲するハコ型

どちらも数百円から数千円で買えるものが多く、コスト的にも安価。
ですが、バネ式も箱型も、ネズミの死体の処理というキツイ作業があります。

また、ネズミの警戒心を高めてしまうことも無視できません。
ネズミは基本的に数匹で行動するので、仲間が捕獲器に捕まったのを見たネズミは警戒心がグンと高くなってしまいます。こうなると捕獲器はもちろん、他の罠にもまったく近寄らなくなるんです。

これらの理由から、駆除効率は非常に悪いと言わざるを得ません…。
1〜2匹ならまだしも、繁殖されている場合は別の方法をオススメします。

④ネズミ駆除業者:できるだけ早く駆除したいなら業者一択

一刻も早く駆除したいならネズミ駆除業者
  • ネズミの習性を熟知したプロが駆除するから効率がよい
  • ネズミの死骸処理やダニの駆除、侵入口の封鎖などもしてくれる
  • ネズミ被害予防のアドバイスもくれる
  • 費用がかかるが、自力で行うよりも早く確実
  • 8,800円〜(弊社みんなのネズミ駆除屋さんの場合)

「とにかく早くなんとかしたい!」
「どこから侵入してきているのかまったく分からない…」

もし、このようなお悩みをお持ちの場合は、ネズミ駆除の専門家に相談してみるのもひとつの手です。

詳しく紹介していきます。

ネズミ駆除業者は駆除完了までが早い

優良な駆除業者はネズミの習性を熟知しているので駆除完了までが早いです。

私たちが駆除をさせていただくときは、複数のラットサインから家の中での行動経路を割り出し、もっとも効果的な対策を取るようにしています。

行動経路を割り出すには、ネズミの習性のほか、建物の知識も不可欠。
一般の方はラットサインは見つけられても、家の中での行動経路まではなかなか想像できないはずです。

またネズミ駆除業者は、電話一本で

  • ネズミの駆除
  • 侵入口の封鎖
  • 二次被害の防止(掃除や消毒、ダニ駆除)
  • 今後の予防策のアドバイス

までしっかり対応してもらえます。
「早く、ラクに」ネズミを駆除できるというわけです。

もちろん費用はかかってしまいますが、あれこれ試しているとプロにお願いするよりも高くつくこともあるので、結果的に安くになる場合も多いです。

  • ネズミのいない生活を早く取り戻したい方
  • 日々忙しくてネズミ駆除に時間をさけない方

は、ぜひ検討してみるとよいでしょう。

手前味噌で恐縮ですが、わたしたち『みんなのネズミ駆除屋さん』でもネズミ駆除をしています。調査・見積もりはもちろん無料ですので、お気軽にご相談いただければと思います。
▶︎ご相談はこちらから

悪徳業者に注意!業者選びは慎重に

同業者としてはとても悲しいのですが、ネズミ駆除業者の中には『悪徳業者』もいます。

彼らは

  • 事前確認なしに追加作業をして高額請求
  • まったく関係ないシロアリの工事などをして高額請求
  • 解約しようとすると解約料を高額請求

など様々な手口で不当な請求をしてきます。このような業者にはお願いしないよう、充分注意しましょう。

悪徳業者にはいくつか特徴があります。
もし下記のリストに当てはまるものが多い場合は、その業者にはお願いしないようにしてください。

  • 調査をしっかり行った様子がない
  • 見積書を出そうとしない
  • 見積もりの内容が分かりにくい、または内訳がない
  • 作業内容や薬剤について詳しく説明してくれない
  • 駆除してくれるのではなく、超音波などの機械の購入を勧めてくる
  • シロアリ駆除や湿気抜き工事など、関係のないサービスを勧めてくる
  • 追加作業が必要なとき、必ず相談してくれることを約束しない
  • やたらと不安を煽ってくる
  • 今なら半額にします等、破格な料金で契約を急かしてくる

業者にお願いする場合は、きちんとした優良業者にお願いするようにしましょう。

まとめ:1日も早く駆除に向けて動き出しましょう

ネズミの生態や駆除の基本や方法について紹介してきました。
ここで一度、内容をおさらいしておきましょう。

  • ネズミ駆除の基本は「エサなし」「道なし」「ねぐらなし」
  • ネズミの出ている場所や状況によって、対処方法は変わる
  • ネズミの駆除が完了したら「ダニの駆除」も忘れずに
  • 「早くなんとかしたい」ならネズミ駆除の専門家に相談
  • ネズミ駆除業者には悪徳業者もいるので注意

冒頭でもお伝えしたとおり、ネズミの被害はとても大きいものです。
フンはもちろんダニを持ち込まれるほか、ネズミが家を気づけることで資産価値も低下してしまいます。

ネズミがいるかぎり状況は悪化し続ける一方なので、1日も早く駆除に向けて動き出しましょう。

「ネズミの死骸を処理したくない」
「絶対に触りたくないし、見たくもない」
「でも1日も早くなんとかしたい!」

という場合は、プロの専門家に相談してみましょう。捕まえたネズミの処理や、菌で汚れた部屋の消毒も引き受けてくれますよ。
ほとんどの業者さんが、調査や見積りは無料で行なっています。まずは気軽に電話などで問い合わせてみましょう。

手前味噌で恐縮ですが、わたしたち『みんなのネズミ駆除屋さん』でもネズミ駆除をしています。調査・見積もりはもちろん無料ですので、お気軽にご相談いただければと思います。
▶︎ご相談はこちらから

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ネズミの被害が一刻も早く解決することを祈っております。

この記事を監修したネズミ駆除の専門家
中村(なかむら)
この記事はお役に立てましたか?
お役立ち情報をシェアしてくださいね!